長野県富士見町の「ゆ〜とろん水神の湯」は、100%源泉かけ流しの日帰り温泉。8種類の露天風呂が自慢の天然温泉(硫黄温泉)です。
ゆ〜とろん水神の湯

掲載メディア

紀行誌「温泉博士」に紹介されました。

O2カプセル紀行誌「温泉博士」でとりあげていただき記事にしていただきました。

「HPで見るとあまり良さがわからないけど、入ってみると良かった」という感想はアンケートでもよく書かれていたので、ふんふんと納得してしまいました。

温泉博士記事
温泉博士 記事PDF

 

わき水の里に不思議な縁

朝日新聞(長野版) 2008年9月5日(金)朝刊12面に
ゆ〜とろん水神の湯の記事が掲載されました。

ゆの詩(うた)という、温泉を紹介するシリーズにて「ゆ〜とろん水神の湯」の生まれた不思議なご縁についてお話が語られています。 神の奉られた小さなやしろから湧き立つ、水の神秘。
それは正に大地に宿る水の神さまから授かりし、人々への恵みです。

そもそも農耕民族であった日本人にとって、汚れなき水は命と同じであり、その存在は全ての生きとし生けるものへの奇跡でした。目まぐるしく変わり続ける現代にも変わらず残るその奇跡 − ゆ〜とろん水神の湯は、我々の心と体に優しい癒しを与えています。

 

掲載記事の全文PDF (1.58MB)

O2カプセルの記事が掲載

O2カプセル朝日新聞(長野版) 2008年9月5日(金)朝刊12面にゆ〜とろん水神の湯の記事が掲載されました。

長野県のフリーマガジン「月刊ぷらざ10月号」にO2カプセルの記事が掲載されました。

このページのトップへ